facebook
  • Concept
  • The good glasses
  • Information
平田光学の基本コンセプト 「眼鏡はアートであり、文化である」

「カイロス」とは「運命の出逢い」、「眼鏡は、アートであり文化である」を基本コンセプトとし、船出してから早や15周年を超え、また999.9 selected by KAIROSも10周年を超え、更なる未来を目指しています。

今改めて背筋を伸ばし、「眼鏡屋としての使命とは何か」という問いかけに、真っ直ぐに向き合い、これからの株式会社 平田光学のあるべき姿を見つめ直しています。

「眼鏡屋としての使命」とは「いい眼鏡を、とことん追求し作り続けること」
「いい眼鏡」とは、『見たいものが楽に視えて掛けていることを忘れてしまう眼鏡』、さらには『ファッションステータスが高く、かけることの喜びと楽しさに溢れ、機能性耐久性に優れ、愛着が湧き大切にしたくなる眼鏡である』と定め、その「いい眼鏡」を、とことん追求しご提供し続けることと考えています。
私たちの日本は今、価値観の大きな変化の中にいます。生きていること、家庭があり家族があること、仕事があり働くことが当たり前であったはずなのに、その当たり前が一瞬にして、当たり前でなくなってしまう危機感の中にいます。

しかし、危機管理だけに終わることなく、また特別なことだけを始めるのではなく、やはりこの瞬間でも、あるがままの環境で、あるがままの自分で、今できることを黙々と果たしていくことが「道」なのかもしれません。

株式会社 平田光学も、「皆様にお喜びいただき、必要とされる眼鏡屋を目指して」この「道」をしっかり歩んでまいります。

皆様のご来店を、心よりお待ちいたしております。

「いい眼鏡」とは

見たいものが楽に視えて、かけていることを忘れる眼鏡である。

さらに、「平田光学が目指すいい眼鏡」とはファッション・ステータスが高く、機能性・耐久性に優れかけることの喜びと楽しさに溢れ愛着が持てて、大切にしたくなる眼鏡である。

「いい眼鏡」の定義として、「見たいものが楽に視えて」という一文には、お客様の眼鏡に対する「主訴、ご要望」が、正確な検査技術により、充分に汲み取られ、お客様の生活環境の中で、「よく見える」ではなく、「自然に楽に視える」ようお客様のライフスタイルに適応したレンズの度数設定が成されており、更に熟練された加工技術により、しっくりとフレームとレンズが調和している状態を表しています。

また「かけていることを忘れる眼鏡」という一文には、フレームの品質の良さと機能性、耐久性が優れており、さらにフィッティング技術の的確さが充分に活かされた眼鏡の状態を表現しています。

ここで、一応「道具としての眼鏡」は、完結します。
そして、さらに「平田光学が目指すいい眼鏡」の定義として、「ファッション・ステータスが高く」は、「眼鏡はアートであり、文化である」という平田光学のコンセプトを背景にしたブランド・ロイヤリティと、「商品」ではなくデザイナーの思いの籠った「作品」としての「商品力の高さ」が、ファッション・ステータスとして感じられることであり、「かけることの喜びと楽しさがあり」には、「接客は、販売ではなくいい眼鏡のプレゼンテーションである」という私たちスタッフのパフォーマンスをベースに、お客様がいい眼鏡との出逢いを通じて新しいご自分を発見した喜びと眼鏡をかけることの楽しさを表現しています。

「愛着が持てて、大切にしたくなる」には、「お客様は、眼鏡をお渡ししてからが永いお付き合いが始まる」訳ですから、平田光学メンテナンスシステムを充分にご活用いただき、機能性、耐久性をメンテナンスにより、磨きをかけていただければ、「素敵な眼鏡ですね」といつも声のかかる愛着のある眼鏡となり、末永く大切にしたくなるということではないでしょうか。

「平田光学が目指すいい眼鏡」を、さらに追及し、眼鏡の質の向上に貢献したいと決意しております。

沿革

平田光学の発祥は、慶弔10年(1605年)に遡る。
当時は、「白銀屋」という屋号で、刀鍛冶や刀の鍔の装飾を商っていた。
「平田商店」としての創業は明治10年(1877年)。貴金属細工の販売を行っていた当時の営業品目には「指輪」「時計」と並び「眼鏡」がある。

その後、第三代目の父の代で宝石関係から、眼鏡、光学機器、理科器械等に商材を変更し「平田光学器械店」として現在の前身を築いていった。

「士・農・工・商」という社会通念の頃、明治生まれで商売嫌いの父は、若き頃弁護士という「士」を目指していたが、挫折から「商」に身を置かざるを得なくなり、かなり自己矛盾に苛まれていたようである。
その葛藤から「商売人」ではなく「職人」として生きるべく、「平田光学」という名のもと、当時「職人技」と言われた「眼鏡屋」を目指すこととなった。
昭和59年(1984年)病に倒れ急逝した父に代わり、第四代目が社長に就任。
当時の「平田光学器械店」では、眼鏡の他に、タバコ、宝くじ、顕微鏡、双眼鏡光学機器など様々な商品を扱っており、引き継いだものの何をどのように扱ってよいものか途方に暮れてしまう状況だった。

「眼鏡以外は、すべて切る」と、「売れるものなら何でも売る」という足し算の経営から、「眼鏡のみを深める」という引き算の経営に切り替えた。
平田光学の戦略:4つの柱
1.「眼鏡はアートであり、文化である」というコンセプト。
2.「接客は、販売ではなくプレゼンテーションである」という接客姿勢。
3.「不特定多数のお客様」から「特定少数のお客様」へというターゲット。
4.「お客様のお喜び第一に」という行動規範。
これを軸足として、平成15年にアイウェア・カイロスの創業に至る。
  • Concept
  • The good glasses

人が本来持っている“見る機能”を十分に発揮されるようにお手伝いすること。
お客様にとって眼鏡が「楽しい」と思える存在、喜びを感じられる存在であってほしい。

カウンセリング

ライフスタイルやご使用環境など、お客様の生活の中にある眼鏡の役割をしっかりとお伺いし、最良の眼鏡をお仕立てします。

眼鏡をお渡ししてからが永いお付き合いが始まります。
メンテナンスをご活用いただければ、愛着が持てて大切にしたくなる眼鏡を5年、10年とご愛用いただけることと信じております。

メンテナンス

長く快適に掛ける為に

眼鏡店とお客様の関係はちょっと不思議。眼鏡をご購入をいただいてから長いお付き合いが始まります。
いつも、いつまでも気持ちよく眼鏡をお使いいただくために、3カ月に1度を目安に「眼鏡・サングラスのクリーニング」「掛け具合の調整」「消耗品の点検や交換」「レンズとフレームの点検」等、お気軽にお立寄りくださいませ。

大切にしていること

セルフレーム磨き
  • セルフレーム磨き
    状態を見させていただき、磨き(艶出し加工)もしくは、パーツ交換が適切かご案内させていただきます。磨きの場合は、1から3週間程度にてお預かりさせていただきます。(フレームの状態、ブランドによって異なります。)
消耗パーツ交換
  • 消耗パーツ交換
    ネジの締め直し、パッド交換、モダン、ないロールの交換等状況に応じて消耗パーツの交換をご案内いたします。ご自宅ではなかなかできない分解洗浄をいたします。状態によっては、レンズ、フレームを別々に洗浄いたします。
フィッティング
  • フィッティング
    フレームの特性を加味しながら、お客様に快適を感じていただける掛け位置、掛け味をお好みも踏まえながら行います。

レンズセレクト

ライフスタイルやご使用環境(目的)に合せて、最適な設計及び種類のレンズをご提案させていただきます。

単焦点レンズ 累進・2重焦点レンズ サングラスレンズ
球面レンズ 遠近両用レンズ中近重視型 偏光レンズTALEX / kodak / HOYA / ICRX / nxt
非球面レンズ両面非球面レンズ※1 / 内面非球面レンズ
外面非球面レンズ / カーブフレーム用内面非球面※2※3
中近両用レンズ近方重視型※4
 近々レンズ
調光レンズTOKAI / HOYA / SHOWA / ICRX / nxt
  • ※1 「より薄く、より快適に、より美しく」というお客様のニーズに徹底的に応えてくれる。
  • ※2 美しいカーブと快適な掛け心地。見られることと見ることを同時にかなえるファッショナブルな非球面レンズ。歪みやボケを極限まで抑えて隅々まで鮮明で快適な視野を実現。
  • ※3 度付きレンズでカーブの深いフレームの持つファッション性を楽しみたい方に。美観と見え方を両立。
  • ※4 近くにフォーカスし「近く」から「少し先」の視界を快適にする。
機能レンズ コート・カラー
調光レンズTransitions 機能カラーレンズブルーカット
調光レンズ

太陽の光に合わせてレンズ濃度が変わる。
紫外線や可視光線(まぶしさ)から眼を保護し、毎日の健やかな視覚を保ちます。

取り扱いメーカー
調光レンズの調光イメージ
偏光レンズ

眼に有害な“まぶしさ”と紫外線をカットしながら光を一定方向へ制御する役割を果たして乱反射を防ぎます。
通常の自然光よりも7~10倍、多方面から沢山眼に入ると言われている乱反射やギラつく光をカットすると、澄み切った心地いい後継が広がります。

取り扱いメーカー
累進レンズの見え方
  • 反射を抑えてフィッシングをサポート!
    • 裸眼時
    • 偏光レンズ装着時
  • 写り込みを抑えてドライブをサポート!
    • 裸眼時
    • 偏光レンズ装着時
  • 視界がくっきり、ゴルフをサポート!
    • 裸眼時
    • 偏光レンズ装着時
累進レンズ

遠くから手元まで一枚のレンズで連続的に見えるように度数が変化する累進屈折力メガネレンズがあります。
さらに累進屈折力メガネレンズには、遠方、中間、近方が切れ目なく見える設計のメガネレンズ、中間や近方を
重視する設計の中近メガネレンズや近近メガネレンズの3つのタイプがあります。

累進レンズの見え方
  • 遠用
  • 遠近両用
  • 中近両用
  • 近々両用
  • 近用
EYEWEAR KAIROS

〒700-0822 岡山市北区表町1-9-44
Phone 086-235-9111
open 10:00~20:00 火曜日定休
info@eyewear-kairos.com

Brand list
alain mikli , Anne et Valentin , Lunor , ROBERT MARC , The Spectacle , La LOOP , AKITTO , ic! berlin , OLIVER PEOPLES , orgreen , OLIVER GOLDSMITH , FACTORY900 , LINDBERG , OAKLEY , RUDY PROJECT , PROPO DESIGN , OGA , LUCAS de STAEL , Theo
Parking
表町パーキング/宇野表町駐車場/宇野内山下駐車場/宇野オランダ道り駐車場/城下地下駐車場/パークスクエアSHOWA/日東パーキング
9999

〒700-0822 岡山市北区表町2-3-8 ジェムシティ表町1F
Phone 086-227-4949
open 10:00~20:00 火曜日定休
fournines@eyewear-kairos.com

Brand list
999.9
Parking
表町パーキング/宇野表町駐車場/宇野内山下駐車場/宇野オランダ道り駐車場/城下地下駐車場/パークスクエアSHOWA/日東パーキング